僕たちがやりました 動画 8話

僕たちがやりました 動画 8話

僕たちがやりました 動画

 

見逃した方はコチラ

ドラマ・映画が見放題888円が、まさかの0円

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

無料でお試しでドラマ・動画をいますぐ視聴する▶

[AD]

僕たちがやりました 動画 8話 あらすじ

いよいよ蓮子(永野芽郁)とつき合う事態になったトビオ(窪田正孝)。飯室(三浦翔平)の「一生苦しめ」といったうたい文句を思い出してみてもかつてのような不安には襲われなくなって、至福の絶好調に浸るが、引っかかるのは蓮子に気持ちを寄せる市橋(新田真剣佑)のこと。

2人の間柄を明らかにしようと病院に出掛けるが、市橋の唯一の身寄りだったお祖母さんが死亡されたとわかり、言いそびれてしまう。

一方で、伊佐美(間宮祥太朗)は事件の被害に遭った人たちへの弔いを終了し、意気揚々と今宵(川栄李奈)のアパートへ。

だけれど、伊佐美の子供を妊娠しちゃったと暴露する当夜に、どうしてなのか離別を切り出されあ然としてしまいます。

マル(葉山奨之)は自分自身を襲った覆面の男の正体を察し、復讐にマジギレしていた。

パイセン(今野浩喜)は飯室から教えて貰った情報をもとに、ようやくのこと輪島(古田新太)の所在地を見定める。

僕たちがやりました 1話〜7話の動画を見る▶

その個所に出掛けるとパイセンの異母弟・原野玲夢(山田裕貴)が輪島の指し図を受け、無防備な男の人を暴力で虐めたりしていた。

度胸を振り絞って輪島の前に飛び出して、息子だと訴えるパイセン。しかしながら、輪島から伝えられた残忍な現実ににがく然とする。

同じ時期、トビオは、市橋が足の治癒は壊滅的だとドクターが宣告したことを知る。

元々は、全ての要因は自分自身にあると思い苦悩しながらも、市橋をフォローしたいと考え、つながりを深めるトビオ。

少しだけの光明を見出すが、蓮子との間柄を明らかにできず、複雑な心の内を抱いていた。もんもんとするその雰囲気に感付いた市橋は「言いたいことあんじゃねえのか?」とトビオに声を掛けた…。

自分たちのひき起こしてしまった一大事に、個人個人の決着をつけようとするトビオたち4人。

こういった彼らを待ち受けているのは、希望か、それとも…。

僕たちがやりました 1話〜7話の動画を見る▶

見逃した方はコチラ

ドラマ・映画が見放題888円が、まさかの0円

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

無料でお試しでドラマ・動画をいますぐ視聴する▶

[AD]

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です