コードブルー2 動画 7話 緋山美帆子の受難

コードブルー2 動画 7話

コードブルー 動画

コードブルー シーズン2 7話では6話のエピソードの続きになります。緋山美帆子のミスが大きな出来事なり緋山美帆子は苦悩のどん底に落ちていきます。

緋山美帆子(戸田恵梨香)の災難はどのような展開になるのでしょうか?それぞれの主人公の内面の葛藤を享受できるのはフジテレビ動画配信オンデマンド「FODプレミアム」だけです。

今なら無料で31日間も動画が視聴できるお試し期間中です。

 

コードブルー2 動画 7話

ドラマ・映画が見放題888円が、まさかの0円

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

コードブルー動画 見逃した方はコチラ

ドラマ・映画が見放題888円が、まさかの0円

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

無料でお試しで動画をいますぐ視聴する▶

[AD]

 

コードブルー2 動画 7話 ネタバレ

藍沢耕作(山下智久)、白石恵(新垣結衣)、緋山美帆子(戸田恵梨香)、藤川一男一男(浅利陽介)は久方ぶりに集結して酒を飲酒する。しかしながら、白石恵はお父さんのガンを周知されての絡み酒。

お母さんの手紙に目を通して揺らぐ藍沢にも関わって、緋山美帆子と藤川一男もあきれるくらい大盛況。藤川一男は、冴島はるかはるか(比嘉愛未)も誘ったけども出現しなかった。

次の日、登山中のご夫妻が落石に遭遇したとドクターヘリ要望が入る。緋山美帆子が出動しようとすれば、1人の男の人に呼び止められた。

男の人は野上明彦(松田賢二)。脳死判定を受けたお子さんを亡くした直美(吉田羊)の兄だ。激昂しちゃって人殺しと怒鳴り付ける明彦を見た橘啓輔(椎名桔平)は、藍沢耕作と白石恵に現場に飛ぶように指令。

緋山美帆子は残しておいて、明彦の話を訊くことにおこなう。明彦は、甥の死を緋山美帆子の責務として、病院に陳謝を要求した。一方で、橘は緋山美帆子が直美から同意書を獲得していない事実を知って失望する。

そして、緋山美帆子は一時的な治療行為を禁止されてしまったのです。

コードブルー2 動画 7話 ネタバレ

藍沢耕作と白石恵は、冴島はるかと一緒にクランケが収容されていた山小屋に到来。

藍沢耕作と白石恵は、クランケの大量血胸を検証し、開胸して止血をしようとするのだが、冴島はるかがサテンスキーを忘れてしまっていた。

冴島はるかは、使用準備中に亡き恋人、田沢悟史(平山浩行)が生前中に残してた携帯への留守電に耳を貸していて入れ置き忘れているというわけです。藍沢と白石恵は森本忠士(勝村政信)に伝達。

肺をひねって血流を止めるというような困難な施術を指し図され、それを施して男の方を移送して助け出した。

病院に帰ってきた白石恵は、緋山美帆子のあらましを知って慰める。一方で、冴島はるかは罪悪感にかられていた。

冴島はるかがエレベーターに乗っていると緋山美帆子が出現する。裁判になったとしても証言しなくて良いという緋山美帆子に、冴島はるかは声を掛けられない。藍沢耕作が乗って来ますと、冴島はるかはミスを誤る。

すると、藍沢耕作はクランケが助かったので冴島はるかのミスは関係なしになったと主張する。ついでに、藍沢耕作は自らの仕事は結果が全てで、この経過には目を通されないのでドクターを選んだと続けていく。

されど、語尾には、そのはずであった…と。そして、誰にともなく、時折、むなしくなると言って残してエレベーターを降り立った。

コードブルー2 動画 7話 ネタバレ

藤川一男は、悟史の死亡されたばっかりなのでミスもすると発言する。してみたら冴島はるかは、悟史はいつも目標地点を持っていたと口に出す。

冴島はるかの中では、まだまだ悟史が存在していたわけです。帰宅の途、冴島はるかは悟史の留守電に耳を傾けて涙をこぼす。

一方で、白石恵はおとうさんに電話連絡するんですが、口から出るのは疾病のことだけ。そういう白石恵に、藍沢耕作はガン治療のレポートを差し上げる。

酔っ払ってしまい絡まれた状況の白石恵の言葉を覚えていたんです。白石恵も、死亡したと思ったお父さんが生存していたという藍沢の話を憶えていた。

次の日、藍沢耕作はお父さんの誠次(リリー・フランキー)と会い、お母さんの死へのなりゆきを訊く。

こんな誠次に、藍沢耕作は再会しない方が良かったと口にする。橘は脳死判定による医療過誤を巡って、裁判所が物証保全に来ると緋山美帆子に伝えて…。

 

コードブルー2 動画 7話

ドラマ・映画が見放題888円が、まさかの0円

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

コードブルー動画 見逃した方はコチラ

ドラマ・映画が見放題888円が、まさかの0円

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

無料でお試しで動画をいますぐ視聴する▶

[AD]

 

コードブルー動画 関連記事
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です