「怒り」【映画・動画・無料】スリリングな展開のクライム・サスペンスドラマ

「怒り」【映画・動画・無料】スリリングな展開のクライム・サスペンスドラマ

怒り 映画 動画

 

「怒り」予告動画 公式サイト

 



映画・ドラマ 見放題1990円が、まさかの0円

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

怒り 映画 動画 U-NEXT▶

 

「怒り」【映画・動画】クライムドラマを無料で視聴する方法

映画『怒り』動画のフル映像が視聴できる U-NEXT

動画配信のU-NEXTでは、今なら31日間無料・お試しトライアルを実施中!

U-NEXTでは、無料の見放題にプラスして

なんと600円相当のポイントが新規登録時に付いてきます。

600ポイントは大きいです。断然、オススメです。

U-NEXTをチャックはコチラ▶

 

U-NEXTやFODプレミアムの動画配信では

「怒り」「君の名は」や「シンゴジラ」のような新作映画は

ポイント課金制で540円かかってしまうのですが、

U-NEXTの新規登録時に600円相当のポイントを無料でいただけるので、

1本分の映画は無料で視聴できます。

そして最初の1ヶ月の無料トライアル・お試し中で解約すると

ドクターX等、人気のテレビドラマは、完全無料でみえちゃうわけです。

 

 

>>タダでもらえる600ポイントで 怒り 映画 動画 を見る

>お試しで31日間、ドラマ見放題、他、サービス使い放題。

もし、U-NEXTとFODプレミアムで迷っていたら、両方に登録しても大丈夫です。両方登録でも無料です。2倍得します。

ということで私も試してみました。

無料期間中に登録して、31日以内に解約して、お金は一切かかりませんでした

解約も簡単でした。

U-NEXTの動画配信数は12万種類

映画以外にも国内ドラマや韓国ドラマ、雑誌やアニメなど全部見放題です。

ただ、31日間の無料お試し期間は、いつ終わってしまうのかは私でもわからないので

この機会に無料登録しておくことをオススメします。

 

映画・ドラマ 見放題1990円が、まさかの0円

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

怒り 映画 動画 U-NEXT▶

 

 

【怒り・映画・動画・無料】スリリングな展開のクライム・サスペンスドラマ

映画「怒り」

キャスト

槙 洋平 – 渡辺謙
槙 愛子 – 宮崎あおい
田代 哲也 – 松山ケンイチ
藤田 優馬 – 妻夫木聡
大西 直人 – 綾野剛
田中 信吾 – 森山未來
小宮山 泉 – 広瀬すず
知念 辰哉 – 佐久本宝
南條 邦久 – ピエール瀧

スタッフ

原作 – 吉田修一
監督・脚本 – 李相日
音楽 – 坂本龍一

【怒り・映画・動画・無料】原作は「悪人」の吉田修一で李相日が監督

2016年の9月17日に劇場公開された李相日監督による、スリリングな展開を味わうことができるクライム・サスペンスドラマになっております。

原作小説は芥川賞受賞者でもある吉田修一によるミステリー文学で、映像化不可能と言われてている作品にチャレンジしていく李監督の意気込みがありました。

国内外問わず高い評価を受けた映画「悪人」で吉田修一作品を見事に映画化したこともある監督が、ふたたびメガホンを取っている作品になっていました。

原作の持っているディテールにこだわりぬいて、妥協を許すことのない映画製作に対する姿勢がスクリーンの中からは伝わってきました。

東京都内の八王子市で夫婦が惨殺された事件から1年後に3人の前歴不詳の男が同時に別の場所に出現することによって、静かに運命の歯車が回っていきます。

一見すると無関係にも思えるそれぞれ別々の日常の生活の風景を、リアリティーあふれるタッチで描き切っているところが面白かったです。

次々とストーリー進行の中にたくさんの個性豊かなキャラクターたちが現れては消えてゆく様子は、群像劇のようでもあり不条理演劇のようにも思えました。

冒頭で繰り広げられることになるの3組の男女の会話を素直に鵜呑みにしてしまうと、たちまち監督の仕掛けた罠にはまっていました。

バラバラに飛び交っている3つの物語が次第に複雑に交錯しあいながら、1つのクライマックスシーンへと収れんされていくことを感じました。

怒り 映画 動画 U-NEXT▶

【怒り・映画・動画・無料】日本映画界を牽引し続けてきた、豪華なラインナップ

随所に仕掛けられているブービートラップやレッドへリングが、この映画を見ている人たちを誤ったの方向へとミスリードしていきます。

単なる真犯人を推理していくゲームにとどまらないところが、この映画の魅力になっていました。

日本映画界を牽引し続けてきた、豪華なラインナップで送るストーリー展開が見どころになっております。

今を時めく魅力的な俳優たちが、自分たちに与えられた役には全力でアプローチするところが良かったです。

スクリーンの中で役者さんたちがそれぞれのアイデンティティを保ちながら出演することで、原作の持っている物語の可能性が広がっていきます。

映画「許されざる者」で李相日とタッグを組んだ渡辺謙が、ふたたび夢のような名コンビを見せていました。

千葉県の房総半島にある豊かな自然に囲まれている漁村で暮らしている、平凡な漁協組合員の槙洋平を演じていました。洋平の娘である槙愛子に扮しているのは、実力派俳優である宮崎あおいになります。

精神的にも肉体的にも傷つけられてしまった23歳の女性の姿を、見事に体現していました。

愛子のいとこで漁港のリゾートホテル従業員の明日香には、池脇千鶴がキャスティングされています。

時には厳しい言葉を愛子に投げつけながらも、時には他者を思いやる優しさを見せる様子には心温まるものを感じることが出来ました。

静かな雰囲気を感じることができる海辺のいなか町にある日突然に降ってわいたような田代哲也には、松山ケンイチが選ばれていました。

始めは頼りなさそうな雰囲気を漂わせていきながらも、徐々に槙親子の心をコントロールしていく様子が印象的でした。

都内の大手企業に勤めている性的マイノリティの藤田優馬を、人気俳優の妻夫木聡が演じていました。

李相日監督による映画「悪人」のときとは打って変わった、アクロバティックなキャラクターに挑戦していきます。

一見すると自由気ままに生きているように見えながらも、自分のセリフが他の誰かを傷つけてしまうことを極端に恐れている繊細な一面も持ち合わせていました。

出会い系サイトのアプリやいかがわしいパーティーでパートナーを探しながらも、本当に大切な人にめぐりあうことができないもどかしさが伝わってきました。

怒り 映画 動画 U-NEXT▶

【怒り・映画・動画・無料】スリリングな展開のクライム・サスペンスドラマ

綾野剛が扮している大西直人との、盛大なパーティーシーンが圧巻です。

最先端のファッションに身を包んでいる若い世代の人たちがやラグジュアリー感を感じることができるプールサイドには、ハリウッド映画のような豪華なムードが漂っていました。

ダンスフロアで一心不乱に踊りくるっている肉体美たちも、自分たちがどれだけ今この瞬間を楽しんでいるのか誇示しているのかもしれません。

ホテルの傍らに停車しているベンツのヘッドライトやルームミラーの輝きのなかにも、ある種の虚無感が隠されていました。偶然にも優馬と直人が新宿にあるスパ施設でめぐりあうことによって、徐々にストーリー展開がスリリングなものへと加速していきます。

マンションの一室に転がり込んできた直人に対しては、受け入れることも拒絶することも出来ない優馬のもどかしさが伝わってきました。

死すべき運命にある優馬の母貴子には、ベテラン俳優の原日出子が起用されていました。

あっさりとふたりの生命を奪ってしまった真犯人とは対照的に、最後まで自分の人生を全うする様子には胸を打たれるものがありました。

高い倍率のオーディションを勝ち抜いてきた広瀬すず佐久本宝をはじめとする、フレッシュなメンバーの演技も良かったです。

映画やテレビドラマで名バイプレーヤーとして活躍している水澤伸吾も、早川役で忘れられない印象を残しているのが良かったです。

移り気な母親に振り回されてしまう沖縄地方の女子高生を演じているのは、新鮮なイメージの広瀬すずになっていました。

森山未來が扮する無人島に出没する正体不明の旅人との、奇妙なつながりも興味深く面白かったです。

美しい風景の沖縄県のなかにも、オスプレイのデモや基地移転反対運動などの厳しい現実が映されていました。

怒り 映画 動画 U-NEXT▶

【怒り・映画・動画・無料】スリリングな展開のクライム・サスペンスドラマ

千葉県・東京都・沖縄県の3つの無関係な場所がひとつになることで、意外な事実が明らかになっていきます。

公開捜査番組で犯人を探す警察の操作方法には、事件がエンターテインメント化してしまうことを考えさせられました。

残虐な犯行はワイドナショー化してしまい、遺族の言葉はセンセーショナルな飾り付けをされて広まっていきます。

映画の中の番組に登場するモンタージュ写真を見ていると、不思議な感覚に陥っていきます。これといった特徴のない写真は綾野剛にも思えるし、松山ケンイチのようなものにも見えてしまうし、森山未來の表情にも重なり合っていくところがありました。

目の前に存在しているのにふとした瞬間に視線を外すと消え失せてしまうような、はかないイメージが印象的でした。

指名手配犯のアパートの一室の生活のなさが、過去も未来も持っていない奇妙な犯人の人柄を語っていました。

残されている山神一也というひとつの名前だけが、抜け殻のような不気味さを感じました。

事件現場に刻み込まれている血文字の「怒」には、深いメッセージが込められています。名前を捨てて肉体だけの存在になり顔を変えながら逃げ回っていく犯人を、如何にして群衆の中から特定するのかが見どころになっております。

国家権力によって無数に張り巡らされた監視の目を掻い潜りながら、逃亡生活を続ける難しさが伝わってきました。

逃げる方も大変ですが、探す方はもっと苦労があるのかもしれません。犯人が他の誰かの苦しみも悲しみも想像することが出来なかったことが、この事件がおきたひとつの原因のはずです。

ドキュメンタリーとフィクションが曖昧になっていく世界の中で、罪を重ねてしまうひとりの人間の姿が思い浮かんできました。物語でこの社会を変えようとする、監督や原作者のメッセージが込められています。

映画・ドラマ 見放題1990円が、まさかの0円

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

怒り 映画 動画 U-NEXT▶

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です