「何者」【映画・動画・無料】就活生のサバイバルゲーム

「何者」【映画・動画・無料】就活生のサバイバルゲーム

何者 映画 動画

 

「何者」映画 動画 予告



映画・ドラマ 見放題1990円が、まさかの0円

映画「何者」を見る。

 

「何者」【映画・動画】就活生のサバイバルゲームを無料で視聴する方法

映画『何者』動画のフル映像が視聴できる U-NEXT

映画動画配信のU-NEXTでは、只今、31日間の無料・お試しトライアルを開催!

U-NEXTでは、無料の動画見放題にプラスして

なんと600円相当ポイントが新規登録時に付いてます。

600ポイントは映画1本が無料で見えるポイントです。。断然、オススメです。

U-NEXTをチャックはコチラ▶

 

U-NEXTやFODプレミアムの動画配信では

「怒り」「君の名は」や「シンゴジラ」のような新作映画は

ポイント課金制で540円かかってしまうのです。

 

ところが、U-NEXTの新規登録時に600円相当のポイントを無料でいただけるので、

1本分の映画は無料で視聴できます。

そして最初の1ヶ月の無料トライアル・お試し中で解約すると

ドクターX等、人気のテレビドラマは、完全無料でみえちゃうわけです。

 

>>タダでもらえる600ポイントで 映画 何者 動画 を見る

>お試しで31日間、ドラマ見放題、他、サービス使い放題。

映画以外にも国内ドラマや韓国ドラマ、雑誌やアニメなど全部見放題です。

ただし、31日間の無料お試し期間は、いつ終わってしまうのかは私でもわからないので

この機会に無料登録しておくことをオススメします。

 

映画・ドラマ 見放題1990円が、まさかの0円

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

映画「何者」を見る。

「何者」【映画・動画・無料】就活生のサバイバルゲーム

2016年に劇場公開された三浦大輔監督による、就活中の大学生の揺れ動く心境をリアリティーあふれるタッチで描き切っている青春エンターテインメントになっております。監督はエロティックな戯曲「愛の渦」で第50回岸田國士戯曲賞に輝いたこともあり、劇団「ポツドール」の主宰や劇作家としても活躍しています。みずからの戯曲台本を映像化したり全国各地の幅広い劇場で公演を披露したりと、エネルギーにみち溢れている創作活動を見せています。舞台芸術出身の映画監督であるだけに、スクリーンの中からは個性豊かな俳優たちの張り詰めた立ち振る舞いやセリフの間合いが伝わってきました。演出力にも独自のこだわりと定評があり、マンションの一室や大学構内といった閉鎖的な空間をより一層スリリングなものへと変化させていきます。原作小説は朝井リョウによる2012年度の直木賞に輝いた作品で、そのイメージや魅力を損なうことなく映画化されているのが嬉しかったです。本の発刊からは4年の月日が流れてからの映画化になっていましたが、原作の持っているかがやきは少しも色あせることがないようです。若干22歳で早稲田大学の文学部在学中に執筆活動を続けていただけあって、学生たちの揺れ動く心の複雑さを見事に描き切っている作品になります。同じ大学に通っている男女5人の大学生の姿を通して、今の時代に社会全体的に抱えている様々な矛盾点や問題提起が浮かび上がっていきます。学生時代から新社会人へと旅立っていくあいだの人生の貴重な時間の経過の中で、モラトリアムな気だるい雰囲気を感じることができる映画です。それぞれの日常生活やありふれた就職活動中の出来事をスケッチスタイルで描いているところが見どころになっております。ひとりひとりの価値観や考え方はまったく違えども、皆が悩みながらも採用試験や面接へと立ち向かっていく様子が印象的でした。学生から大人への階段を今まさに昇ろうとしている若者たちのリアルな表情を、鋭いカメラワークで捉えていました。一方では若い世代にありがちなピアープレッシャーやコンプレックスが原因で引き起こされていく小さな事件が相次いで、徐々に信頼できるはずの恋人や友人関係にも壁が立ちはだかります。表面上は上手くいっていたはずの人間関係が、水面下で微妙に変化していく様子にはグロテスクなイメージが隠されていました。就活生のグループのメンバーのあるひとりだけが内定を勝ち取ることによって、以外なストーリー展開へと映画は加速していきます。主人公の演劇マニアの大学生二宮拓人を演じているのは、人気俳優の佐藤健です。映画「るろうに剣心」やNHK大河ドラマ「新撰組」での華麗なるアクションシーンが有名ですが、本作品では平凡な大学生の姿を迫真の演技でアプローチしていきます。就職活動に没頭しながらも演劇や舞台への夢を捨てきることができない葛藤には、若き日の監督自身の姿が思い浮かんできました。これまでにも増してしっかりとしたイメージのなかにも、どこか儚げな印象がありました。ヒロイン田名部瑞月には、今を時めく女優さんの有村架純になります。就職説明会の前夜に鏡の前に立ち、パンツスーツかスカートスタイルか悩んでいるシーンが微笑ましく映りました。どこにでもいる今どきの女子大学生のムードを漂わせていながらも、その人生において背負っている大きな存在には胸が痛みました。映画やテレビドラマの主演作品が後を絶たない人気の高いふたりが、豪華な共演を果たしているところが見どころになっております。志望企業にもみずからの未来へのビジョンにも決して妥協することのない大学生小早川理香には、演技力に定評を持っている女優の二階堂ふみが扮しています。理想が高すぎるがゆえに、時には周りの人たちを傷つけてしまったり壁にぶつかっていく様子が伝わってきました。2011年に16歳でヴェネツィア国際映画祭のマルチェロ・マストロヤンニ賞に輝いた少女が、就職活動中の女子大学生を演じている時の流れを感じてしまいました。拓人やそのルームメイトが、未来への漠然とした不安と希望を持っていることが印象的でした。一方では確固たる自信と自らが進むべき道をいく、瑞月や理香の若さと情熱が良かったです。大学のキャリアアップセンターからもらったエントリーシートをコピーペーストして使い回していく、要領よく立ち回る様子がリアリティーにあふれていました。拓人の良き理解者でもありルームメイトでもある神谷光太郎には、注目を集めている若手実力派俳優菅田将暉がキャスティングされています。自由気ままにキャンパスライフを送っているように見えながら、共鳴することができる人にしか心を開くことができない繊細な一面も持ち合わせています。パーマをかけた自慢の茶髪のヘアースタイルが徐々に短く黒くなる様子には、個性豊かな若者たちが群衆に飲み込まれていくような一抹の寂しい感情が湧き上がってきました。理香のルームメイトであり彼氏でもある一風変わった大学生宮本隆良の役には、岡田将生のイメージがぴったりとはまっていました。就職活動をただただ傍観者として冷笑している中でも、ある日突然に意外な行動にでる変わり身の早さが笑いを誘います。迷い苦しむ主人公拓人を導いていくサワ先輩の姿には、山田孝之が確かな存在感を放っていました。日本映画界を牽引し続けている存在であるだけに、スクリーンの中で忘れられない印象を残していました。時には厳しくもあり、ある時には優しく響くセリフや立ち振る舞いが良かったです。とあるマンションの一室に集合していく気の置けない仲間たちのあいだにも、自然とヒエラルキーやグループわけが形成されているのがリアルでした。インテリアデザインのお店のようなつくりものの部屋の中にも、隠されている個性や人間らしさが伝わってきました。同じ時間に同じ場所に集まりながらも、それぞれが最新バージョンのスマートフォンやタブレット端末で他の誰かとつながりを求めているシーンが印象的でした。精神的なつながりを求めてしまう主人公たちの複雑な気持ちが、上手く描き切っているシーンでした。他者とのコミュニケーションや人間関係に悩んでいる、今どきの若い世代の人たちに重なるものがありました。拓人や瑞月が本当に大切なことはTwitterにもFacebookにも書き込まないことについて考えさせられました。仮想空間の中でも成長していく自分たちの姿と、現実的なリアルな存在のギャップに苦しんでいるからなのかもしれません。テクノロジー社会の発展の中でも、一番伝えたいことを直接的に相手に語りかけることのメッセージが込められています。就職活動の中で主人公たちが味わうことになる苦しみや葛藤が、スクリーンの中からは伝わってきました。誰かから拒絶される経験を、何度も繰り返すシーンが印象的でした。自分たちの未来を信じてやまない光太郎や理香が、あっさりと挫折してしまう様子には胸が痛みました。たくさんの人が同じようなスーツに身を包みながら、同じような言葉を使って自分を宣伝する場面にはある種の苦行のイメージがありました。生き残りをかけたサバイバルゲームの激しさのなかにも、二度と戻ることのない青春の輝きが隠されている映画です。それはかつて夢見るだけで何者でもなかったはずの監督や原作者からの、エールなのかもしれません。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です